カテゴリー:パタヤの記事一覧

10月13日ラマ9世記念日のパタヤの夜遊び状況

10月13日は前国王が亡くなられた日で祝日となっています。昨年は喪に服していた時期ですので、当然夜遊びは禁止ということでした。今年もそうかなと思っていたところ、「ウィサヌ副首相は10月3日、『1013日には黄色の服を着てほしい。黄色がないなら別の色でもいい。ただ、服喪の日ではないので黒色の服は避けてほしい』と述べた。」(バンコク週報より)という記事が出ていたので、どうなるかと思っていたので、もう終わってしまいましたが、来年以降の参考として13日のパタヤの状況をのせておきます。

 

6時ごろホテルを出て街中を歩いていると、バービアは人はいるのですがなんかいつもより活気がないような状況。とりあえずこの時間でもガンガンにやっているソイ6に行ってみました。そうしたら下の写真のようにどの店も閉店状態。10月13日ラマ9世記念日のパタヤの夜遊び状況

 

これはまずい、今日は夜遊び関係は禁止かと思い、へ急ぎます。当然ながら、途中の海岸沿いの立ちんぼはいつも通りです。

 

さて、ウォーキングストリートに着くと悪い予想が当たって、ゴーゴーバーは一軒もやっていませんでした。ウィンドミル系は日をかえた12時過ぎからやっていることが今まであったので店の前に行ってみると、ご丁寧に「今日は休みです。明日の7時から営業しています。」と書いた紙が貼ってありました。

 

仕方なくバービアに行くことにしましたが、バービアも閉まっている所が多く、やっている所もネオンを消し、音楽も流さない状態で細々とやっている状況でした。

 

ちなみにLKメトロのゴーゴーバーも全滅でした。あとセカンドロードのビッグCの前のお風呂屋さんはやっていて、インド人らしき客が大勢いましたね。

 

最後の望みをかけ、12時過ぎにもう一度ウォーキングストリートに行ってみると、一軒だけやっている店がありました。どこだと思いますか?

 

スーパーガールでした。一軒だけの営業とあって、12時15分ごろに入ったのですが、店内は満員でした。こんなに人が入っているスーパーガールを見るのは久しぶりでした。女の子もちゃんと売れっ娘が出勤していて見ていても楽しかったですね。売れっ娘のスレた感じも観察できましたしw。

 

その後、LKメトロも行ってみましたが、こちらはゴーゴーは一軒もやっていませんでしたね。バービアが音楽を流し活気がありましたが、そこだけ光が浮いている感じでした。

 

来年以降は記念日という色が濃く出てきて夜遊びも解禁されるかもしれませんが、少なくとも2018年のパタヤの状況はこんな感じでした。この時期、パタヤにいる人は、前日までに遊ぶ女の子の予約を入れておくといいかもしれませんね。

パタヤソイ6の状況

今年になって、当局の規制により、パタヤソイ6の営業が夕方からになったと聞いて行ってきました。

 

 

まず、2時ごろに行ってみたら、やはり完全に営業していますという感じの店はありませんでしたね。ただ、店先に女の子(女の方?)がすわっていて声をかけてくるところは何軒かありました。本当に2~3軒でしたが。

 

後そのほかに何軒かは、声はかけてきませんでしたが、化粧をしていたり、店の準備をしていたりするところはありました。

 

ただ、前のように女の子がそろっている感じの店は1件もありませんでした。

やはり、前のように、1時過ぎから遊べる雰囲気ではありませんでしたね。

 

誰でもいいという感じでしたら、店の準備をしているベテランさんたちと楽しむことはできる感じでしたが。

 

この100%ダメではないという状況が、定着していけば、表向きは営業していないが、店には女の子が出勤しているというような状況になるかもしれませんね。

 

とりあえず、昼に楽しみたいと思うなら、マッサージの店とかに行った方がいいかもしれません。

 

ちなみに6時に行ったら、普通に営業していて女の子もそろっていました。

 

2017年7月上旬の状況でした。